【文化】幸せとは

自身を肯定できるのであれば、幸せと感じるのではないか。実感としてそう思います。

幸せになりたいのであれば、まず自身を慈しむこと。甘やかすのではなく慈しみ育てる。

剣道の修業もかくありたい。

スポンサーサイト

Tag:文化  Trackback:0 comment:0 

【未分類】マリ、少し元気になりました

先週の土曜日に獣医師に認知症と診断された飼い猫のマリが少し元気になりました。水を飲み、餌をほんの少しですが、自分で食べるようになりました。ただ、餌はほとんど噛み込まないでなめ続け、舌に付いた欠片(かけら)を食べているに過ぎないので、頃合いをみて手で口の中に入れてやっています。

顔つきも変わり無表情になりました。何かに興味を示すことがなくなりました。ちょっと鼻を突き出して、目を細めつつ、ンッ、何してんの?・・といった仕草がみえなくなりました。飲食、排せつ、眠る・・を繰り返すのみ。肩、背中、腰にかけての筋肉が落ちました。ゆっくりした動作でユラユラ歩みます。獣医師から急速に運動機能が衰えると聞いていましたが、これほどとは思いませんでした。

そっと抱きあげて、ブログを書いている私の膝上に乗せると、落ち着いています。かすかにゴロゴロ咽喉を鳴らしています。撫でると気持ちよさそうに目を少し細めます。 

生後18年。人間ならば90歳余り。痴呆状態になりましたが、大事な家族の一員です。

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

【稽古】稽古の本質

何を錬磨するのか、明確に意識して稽古したい。錬磨するのは、読みと直感。先の先、後の先、先々の先も、読みと直感によって打突した結果を表現したものです。立合いにおいて、先の先で攻めかける、後の先で攻めかける、先々の先で攻めかける、と決めて臨むのは本末転倒です。彼我の関係を読みきり、直観即反射して打突する。ここが稽古の要訣です。

直観力は経験を重ねることで成長します。読みきる力と反射的動作は直観力を成長させることで高められます。反射的動作・・たとえば正面打ちを応じ返して右胴を打つといった動作を、最善最適にできるように繰り返し稽古して修得しておく。家では手刀(てがたな)で洗面所の鏡の前で、道場では木刀や竹刀をもって大鏡の前で繰り返しおこなう。

どのような稽古をいつどこでどのようにおこなったか、稽古帳にメモしておくことも大事です。あらゆる手段を駆使して身体感覚を錬磨したい。

Tag:稽古  Trackback:0 comment:0 

【未分類】マリが認知症になりました

1か月前ほど前から、愛猫のマリの行動がおかしい。ここ数日は食欲もなく昼夜分かたず鳴きながら徘徊する。土曜日に懇意にしている獣医さんに診察してもらったところ、認知症でした。

マリは当月で満18歳です。人間ならば90歳ぐらいとのこと。高齢なのでいたしかたなし。介護します。マリは家族を和ませてくれました。マリはご飯も食べ方を忘れたようですが、家内と私で手から食べさせています。

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

【稽古】攻めの剣道

今朝、少名子道場の定例稽古で師範からご指導あり。剣道に待ちはなし、攻めに徹すべし。攻めの工夫に注力すべし。

切り返し、基本技及び応用技の稽古から打ち込み稽古、懸り稽古、そして地稽古に至るまで徹頭徹尾、攻めを意識して修業するように、あらためて肝に銘じました。

ところで、明日ミュシャ展に行くと書きましたが、諸事情から延期します。待ち遠しいなぁ。

Tag:稽古  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

打味一範

Author:打味一範
三刀記へようこそ。
勝気を離れ、負けを楽しみ、専ら打たれて修業すべし―雲弘流剣術の教えのごとく、切磋琢磨の日々。
Kendo to enjoy with a step foot.

★ブログ開設
 平成23年(2011年)5月23日

@うつみかずのり kazunori utsumi
昭和30年(1955年)岡山県久米郡久米南町生まれ。少年期に剣道入門、青年期は剣道から離れ、38歳で再開。東京都清瀬市在住。清瀬市剣道連盟理事。少名子道場門人会会員。剣道錬士六段。
号は如舟。

★三刀一如の修業法
立業(たちわざ)の抜刀稽古を起点にして、木刀による形稽古をおこない、竹刀による打ち込み稽古で錬り合う。自家製の修業法。

★剣道修業の指針
心ひろやかに、技のびやかに、体やわらかく遣うべし。習い、稽古、工夫を循環させるべし。修業は一人一様。己の持ち味を活かすべし。

★月刊『剣道日本』の連載
平成23年2月号の巻頭特集―「足攻め」の大発見―に初登場。
平成23年4月号から平成24年5月号まで「歩み足で愉しむ剣道―三刀一如の修業法」を14回連載。
平成25年4月号から平成27年3月号まで「“リバ剣万歳”剣道再入門」を24回連載。

★少名子道場
昭和61年(1986年)創設。少名子道場(しょうなごどうじょう)は東京都東久留米市に所在しておりますが、清瀬市剣道連盟所属の道場です。定例稽古会は、土・日曜日午前9時30分から11時前後。稽古の前半は木刀による基本稽古及び形稽古。後半の竹刀稽古も、切り返し、基本打突、打ち込み稽古が中心。大人の会員が和気藹々と稽古を愉しんでいます。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -